クレジットカード情報保護の国際基準「PCI DSS 3.2」の準拠

マーチャント・サポート株式会社
代表取締役 東山 正彦

マーチャント・サポート株式会社(以下、マーチャント・サポート)は、マーチャント・サポートが提供する「決済取引システム」、「ポータルシステム」、および「加盟店管理システム」において、国際セキュリティ基準の最新バージョンである「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard、以下、PCI DSS)Ver 3.2」に基づく正式な監査を受け、準拠しております。

昨今、世間では情報漏えいなどセキュリティ関連に伴う不祥事が多発しており、決済事業者は高度な情報管理を求められております。

マーチャント・サポートは従来より高いレベルのセキュリティでシステムを運営してまいりましたが、クレジットカードのより安全な利用環境をお客様にご提供することを目的として、国際基準である「PCI DSS」に準拠し、管理体制を強化いたしました。

世の中のカード情報を取り扱う環境は日々変化しており、状況や基準の変化に合わせた体制の構築改善を続け、「PCI DSS」に準拠した事業者として、信頼の維持に努めてまいります。

※「PCI DSS」とは(Payment Card Industry Data Security Standard)の略で、国際カードブランド5社(VISA、MasterCard、American Express、Discover、JCB)が共同で策定した国際的なカード情報セキュリティ基準で、カード情報や決済情報を保護するための12要件・400以上の監査項目が規定されています。

以上